未知でも満ちて

数日前の空。夜と夕の境目。

今日は乙女座の満月でした。天体には詳しくありませんが、乙女座の私はなんだか特別な気分になります。2020年だし、もうすぐ春分だし。
自分という存在でしっかりと立つこととその大切さを実感する毎日です。

去年の夏に気づいたのですが、私は「未知」というものがとても怖いようです。知らないものが怖いって当たり前の反応なんだけど、それ以上に怖がってたと思う。それかこれまでの行き方では選択になかったから知らなかったのかも。

「もうそんな面白くない人生は生きたくない」と箱根のリトリートで涙が出てきたのがとても懐かしいです。

あの出来事を忘れたわけではないけれど、いろんな段階を踏んで今、未知の領域に踏み込み、立つことがとっても大事に感じています。

あぁいよいよここからが本番やなと。

誰かが成功した方法ではなくて、誰かをきっかけに気づきを得るんじゃなくて、自分の心と身体に耳を澄ませて、これまで経験したことない自分のオリジナルの人生を生きていくんだなと。これまでより軽い軽い周波数で。

経験したことないよね〜
記憶はないけれど、何万年、何千年もこのパターンやってきてるはずだから。笑
とっても明るくてワクワクします。