[メルマガ限定公開]右脳と左脳を同調する

IH(インテグレートヒーリング)仲間のリンダさんがこの度、新メニューを始めました。

 

【Higher my vibration】

 

 明晰なリンダさんに私も何度か助けられたことがあります。ちょうど昨年10月のメルマガにリンダさんとの会話を載せていたので、このブログでもシェアしようと思います。

こんにちは!Yukinaです。メルマガ第9号のご購読ありがとうございます。

今回のトップの写真は、沖縄・今帰仁城跡(ナキジングスク)の拝所 テンチジアマチジ。この拝所は、今帰仁城の中でも一番神聖な場所で、女性しか入れなかった祈りの場だそうです。低い石垣と木に囲まれた円の中に立つと、沖縄特有のセミの鳴き声があちこちで響きあっていて、なんとも神秘的な空間でした。


*この写真をアップロードするだけで、パソコンが5回もバグを起こしました。これもパワースポットあるある。笑 それでもやっぱりこの写真をトップにしたくて、なんとか想いが届きました。


久しぶりのメルマガ、実は9月から10月中旬はなんだかずっと調子が悪く自分のことを上手く表現できずにいました。あんなにアメリカで意識を拡大してもらって、書きたいことも、これからやっていきたいこともいっぱいあるのに、現実で何かやろうとすると上手くいかない。体力とか時間が邪魔してしまう感じ。

モヤモヤモヤモヤ・・・

そんな日々を過ごしていたら、アファメーションを受け取る機会がありました。


*ここで書くアファメーションとは、潜在意識が自分自身に対して必要とする言葉やメッセージをキネシオロジーの筋反射テストを用いて選び出すことを言います。いろんなやり方がありますが、IHではアファメーションブックという本や、スキャンチャート、オラクルカードなどから、その人に必要なメッセージを筋反射テストで選び出すことが多いです。


私に出てきたアファメーションの言葉は「私の右脳と左脳は、同調し統合します」


???調子が悪いのは右脳と左脳の関係なのか???

そもそも右脳と左脳についてゆっくり考えたことなどほとんどなかった。そこで右脳と左脳についてのイメージを書き出してみました。


右脳
感情・感覚・やりたいことetc、今や未来に対する自分の内側をつかさどるもの

左脳
思考、情報、キャパシティ(危機管理能力)etc、過去のデータに基づいて自分と外のバランスをとるもの


う〜ん、私の左脳って自分を制限してしまうイメージ。汗

そこで右脳の左脳を美しく使いこなすLinda(リンダ)さんに連絡してみました。

リンダさんは東京にいるIH仲間で、同じBASIピラティスの卒業生。先日のIHフェア in Tokyoは台風で中止になってしまったけれど、参加者のみなさんがIHフェアの存在を知って会場に足を運ぶまで、その工程の全てにリンダさんのきめ細かな愛の心配りが散りばめられていて、私は絶対そこまで気が回らなかったなとか、準備が間に合わなかっただろうなと、感動するレベル!

リンダさんはどんな方法でこんなにも細かいところまで心配りを実現させているのだろう?

テレビ電話で、ここまでの私の右脳左脳バラバラ状態の流れと、リンダさんはどんな風に自分の熱量を保ち、実現化を続けているのか教えてほしいとお願いしました。


「ゆきなちゃん、私は記憶や過去って潜在意識に在るものだと思うんだけど、ゆきなちゃんは、なんで左脳に過去のことが在ると思うの?」

私の話を最後まで落ち着いて聞いてくれたリンダさん。

確かに、なんでや過去のことが左脳でジャッジされてると思い込んでるんだろう・・・?リンダさんと会話をしながら、思い返してみると、、


それは5年ほど前に通っていたセミナーでのこと、私は脳科学やイメージトレーニングを推奨するコーチのセミナーを受けていた。受付開始2分で埋まってしまうそのコーチのセミナーに私は運良く入ることができ、約1年ほど通っていた。

”左脳は恐れで、右脳は愛やねん。だから私らは右脳をたくさん使わなあかんねん 恐れが出てきたら左脳が働いているから、意識的に右脳に変えなあかんねん。”

よくコーチが言っていた。オリンピック選手や、プロ野球選手のイメージトレーニングと同じ技術と知識を教えていることで有名だったし、海外の有名なヒーリングの大学を何個も卒業している人だった。思い返せば、私の右脳と左脳に対するイメージは当時のコーチの言葉のまま、受け売りでした。


あ、このパターンもう手放してもいいのかもしれない・・・


セミナーに通っていた当時の私は、IHにも知り合う前だったし、スタジオを始めたばかりだったし、そのセミナーがすごく学びと精神の成長に繋がっていました。

でも、今の私は違う愛の形を知っている。
サンディエゴで自分の全ての存在が愛だと感じたし、「愛から導き、人をサポートする」というポリシーで働いているのに、私が自分の中に、右脳は正義、左脳が悪、体調が悪い私は被害者というドラマを作り上げるのは、もうちょっと違う。


「じゃあ、ゆきなちゃんがそれを手放したら、今、改めて、脳全体や右脳と左脳に対してどんなイメージを持ってる?」

自分の気づきにあ〜あ〜呻き、頭を抱えている私に、テレビ電話越しのリンダさんがサポートをいれてくれました。

私「脳全体が愛で、右脳はイマジネーション、左脳は右脳の実行委員長って感じかな、、」

リンダさん「いいじゃ〜ん!脳がwhole(全体)で愛になったんだね!」

そこからリンダさんの想いを実行に移していく方法や、チームビルディングについて教えてもらいました。


そんなこんなで、やっと右脳と左脳の両輪で回り出した私の愛の脳。

9月は廃人で、アマゾンプライムで見出したダウントンアビーを2週間でシーズン6まで見てしまうほど。汗 やっとテレビを消して、笑
メルマガやイベントの準備、レッスンの動画の編集を始めています。

自分の身体と向き合うということ、身体と繋がるということ、自分の評価する価値観が変わったということ、言葉にしてしまえば今までと変わりないのですが、シンプルな言葉ほど何重にも深くて、書きたいことがたくさんあります。そしてその入り口の部分だけでも伝えられる場を作りたいとイベントの準備を始めています。

次号もどうぞお楽しみに!