全てこの瞬間に存在できるということ

グリーンフィールドさんのいちごソーダ
飛び上がりたくなるほどの可愛さ!
ソーダにするにはもったいないくらいのいちごがゴロゴロ入ってます。

**********

2020年の私の目標の1つとして、ちょっと大きめの講座を持つことを考えています。

講座といっても私のスタイルは1対1か、少人数制ですが、
ピラティスやIHはもちろん、これまでにいろんなジャンルのWSや講座、お勉強を受けてきました。
その中のいくつかは、私の頭の中で感覚的に繋がっているし、レッスンでは全ての知識をフル稼働して、目の前のクライアントさんにサポートできることをいつも探しています。

その「感覚としてもっている絶対」を「形」にしてみたくなりました。

理由はたぶん、去年の裏岡本学園が終わった時「あ〜こんなことばっかり喋って生きていたいわ」と思ったのが始まりです。


「ゆきなさんはその講座で何が伝えたいの?」と友達に聞かれた時にパッと出てきた言葉、

【全てがこの瞬間に存在できるということ】

2017年10月にサンディエゴにIHを学びに行くまでの私は、
仕事でも成功したいし、家庭も大事にしたいし、子供も欲しいし、好きなこともしたい、健康でありたいし、世の中に正しくありたい、、

"やりたいことがたくさんある中でどれを諦めたらいいのか、何を犠牲にして、何を叶えるべきか"
に悩んでいました。

"犠牲が前提の世界"

だから「私も○○したい!」「いいなぁ!それ楽しそう!」なんてことを感じても気軽に口に出せない人でした。これ以上やりたいことが増えたら、また犠牲が増えちゃう!
今なら笑えるけど。当時は本当に真剣で、好きなものばっかり増える自分に罪悪感が止まりませんでした。

そんな重め女子だった私の今!
2020年!

今年はやりたいことがたくさんあります。
講座もそうだし、私自身の学びもそうだし、仕事以外の楽しみや妊娠だって希望している。

罪悪感を持っていたころの自分なら心臓が爆発してしまうんじゃないかというほど、やりたいことがいっぱいあるし、細かいことはわかんないけど、なんかできるんちゃうかなって思ってます。

私の何が変わったか、

2年前よりお金を稼げるようになったわけでもないし、誰か偉い人から評価を得たわけでもない、キャリアだってそんな変わらない。

でもこの2年と3ヶ月の間、愛の視点から自分の身体や心と向き合ったし、現実を色眼鏡なしで現実のまま見る練習をしてきたと思います。
1人でできないこと、気づけないところは先輩や仲間から愛とサポートをもらって、それを100%受け取る覚悟を何度もしました。

まだできてないこと、わからないことはたくさんあるし、「ここは本当によく頑張ったよね」って自分に言いたくなることもある。過去の恥ずかしい思い出だっていっぱいあるし、悟りの境地とは程遠いほどイライラする日だってある。
完了してる部分も、未完成な部分も、その全てが「私の今で完全な状態」だということ。「いろんな私が同時に存在している」ということ。
そんな自分を心から抱きしめたくなる。その可能性にドキドキワクワクしてくる。

そんなことを理論的に話したくなりました。
今年の後半には発表できるかな。なんせ一生喋りたいことなので、じっくりコトコト仕込みたいと思います。

で、前にも書いた通り、やっぱりきっかけは2017年のIH(インテグレートヒーリング)の講習なんです。すごいよ、IH。大好きです。

2020年もIHセッションやってます。
こちらのサイトをご覧下さい。