華麗に次元上昇する

IHのセッションを受けに来てくれた友人とお茶。
ハル-サクラカフェさんのスコーンは大きくて、ロイヤルミルクティーといただくとお腹いっぱい!
1つは持って帰らせてもらいました。


今日のタイトル「華麗に次元上昇する」
 昔、ネットラジオかポッドキャストで聞いた言葉です。人生に1度か2度あればいいという、大きな気づきや学び、もう少し簡単な言葉でいうとターニングポイントというのかしら。

いわゆる世の中の成功者というのは、次元上昇を人生の中で何度も起こしていて、波動を軽々と上昇できる人だ…みたいなお話でした。


でもそれは何年か前の話、最近、私の周りで感じるのは、
「あぁ誰もが何度も気づきを起こせるし、何度でも人生の大きな変化が起こる時代になってきたな」ということです。人生で1度か2度しか起こらなかったことが日常に起こる時代。

生まれてきた時代・年代には意味があるような気がしています。子供たちのキラキラとクリスタルのような輝きとも触れ合えるし、少し上の世代の"そうでないものが常識であった"人たちが変わっていく姿にも立ち会える。

俯瞰して世の中を見る癖のある私が、この時代に30代を過ごしているというのも、私らしくておもしろいなぁと思います。


そんな私も目下大きな上昇の途中です。
先週末、久しぶりに起き上がれないほど背中の筋違いを起こしました。生まれつきの背骨の側弯があるのでよく寝違いは起こすのですが、身体が不自由という状態から学んだものは、これまでになく大きかったです。

まだ痛みが残っていて全然、自分の内側に繋がれないので、じゃあ外でも見るかとこのゆるいブログを書いてます。

もっと軽い波動の世界へ
軽さと明るさは大事。