直感のすごさ

昨日はレッスンとレッスンの合間に、夙川に桜を見に行きました。先週末も見に行ったのですが、満開だった昨日は3倍以上の人がいた気がします。

昨日の残りものと有り合わせでお弁当を作ったけれど、お腹が空いてスタジオで食べてしまった。笑

炊き込みご飯、水菜と切り干し大根のハリハリ漬け、車麩の唐揚げを縦に積み重ねただけのお弁当。
盛り付けが苦手なので、ひとり飯となるとついつい楽してご飯の上に全部乗せてしまいます。

**********

さて、4月の新月も過ぎまして、私の周りでは「直感を信じておけばよかったー!」という出来事がよく起こります。
人との会話の中で感じた小さな摩擦が数ヶ月経って、「あーーー!あの時感じた摩擦はこういうことだったのか!」みたいな。

それを事前に解消できるようなスムーズなテクニックはまだ持っていませんが、「あーーー!」となった時に、昔は自分の中でふつふつと不満や苛立ちを膨張させるだけだったのに比べて、
最近は「NO」や「STOP」がずいぶんスムーズに言えるようになったなぁと思います。

もちろん「気づくのが遅くてごめんなさい」という言葉は添えますし、スムーズといっても、言う前はすっごいドキドキしている小心者です。言えた後は思いっきり美味しいものを食べて自分のことを自分で褒め倒したりもします。笑
自分が要望を伝えたのに、自分の器が小さい気がして凹むことも未だに多々あります。

経験値がまだまだ必要です。できれば事前に防げる経験値が、、
今回のいくつかの出来事で「だから直感で言ったじゃーん!」と潜在意識から突っ込まれたのかもしれません。

でもNOと言えるようになって、昔より確実に楽に楽しく生きれるようになっています。
不満やイライラが言えずに自分の中で募るときって、火種はその出来事だけれど、過去や膨れ上がった幻想に怒っていることも多いですしね。後は自分自身へのメッセージだったり。
(「なんで私ばっかり!」とか「私のこともっと丁寧に扱ってよ!」と感じるときは、私の場合、自分から自分へのメッセージのことが多いです)

まずは自分の直感を信じて、そしてそれができなかった時は本音を出して、
大丈夫!どこからでも次のステップに行けます。