風の便りとはこのこと

箱根旅レポート パート2

なぜわざわざ箱根に行きたかったかというと、箱根九頭龍神社の本宮に行ってみたかったから。
最近テレビでもユーチューブでも本でもとにかくよく目にしたので、何となく行きたくなりました。

森を30分以上歩くか、モーターボートをお願いしないとたどり着けない九頭龍神社本宮。縁結びで有名だそうで、毎月13日の月次祭の写真を見るとびっくりするほど女子が集まっています。

私が行った日は全然違う日だったので、森には日本人がちらほらという程度。(他の観光スポットはとにかく欧米人が多かった)
近年引きこもり体質の私はやっとホッとできる空間に辿り着いた感じでした。

お参りを済ませた後、森の中を歩いていると宮島の山頂と似た風が吹いてきました。
風の便りとはこのことで、新しいメッセージを受け取り、「うんうん、やっぱりそうだよね〜」と思っていたら、
週明けのレッスンで同じ方向に向かい始めているクライアントさんが何人かいてびっくり。シンクロがハンパないです。

こういうシンクロが起こるという意味でも、やっぱりインストラクターやスタジオをしていてよかったな〜と感じます。

写真はメッセージを受け取り終わった後にパシャリと撮った森の写真と、モーターボートで帰る時に水面に出てきた虹。