十月十日

9月16日は流産した子の出産予定日でした。

今年は本当にドタバタな1年で、もうそんな時期なのかとびっくりします。

流産の時は本当にたくさん泣いたし、とにかく悲しかった。これを初期の流産はよくあること…で済ますこともできたのかもしれないけれど、「いやいやいやいや、私、めっちゃ悲しいねん!!!」と思った私はお休みをいただき、自分の身体や心が動きたくなるまでゆっくりさせていただきました。(詳しくは過去のブログにあります)
とことん自分と自分の感情に向き合った特別な期間、でもあの期間があって本当によかったと思っています。


今日は旦那とブルーパルクさんに行き、ミミエデン(たまたまだけど、小さな楽園という意味)というバラを買ってきました。
花瓶の底に当時飲んでいたクリスタルボトルの石を入れて、家に飾っています。

次の子はもう神様にお任せ!という感じでおります。基礎体温も計らないし、有料アプリでタイミングを合わせることすらやめてしまいました。子供を執着の対象にはしたくないのかもしれません。

生理が来るとやっぱりしょんぼりします。でもその感情も生理現象な気がします。人生は続きます。