リーディングとはなんぞや

世の中、お盆休みです。
龍博士の本が読みたくて、本屋をあちこち回ったのですが見つからず、せっかくだから筋反射で本を選んでみました。

そこで現れたこの本。
実は筋反射で私の目の前に現れるのは2回目で(前は何で筋反射とったのか忘れたけれど)、2回も選ばれるということはやはり読んでみたくなるもの。

実際には読むというよりCDを聴きながらリーディングの方法を知ったり、ワークをするものでした。聴覚派の私には助かる1冊。CDに導かれていろんな世界にアクセスしました。

リーディングといえば、エドガーケーシーのようなスゴイ人がやるやつと思っていましたが、いざCDを聞いてみると、「あれ?これやったことあるやん」「普段瞑想の延長線上でやるやつやん」という感じでした。
素質はあるけど(それは皆に在るもののようです)、私は使い方がめちゃくちゃだった。

筋反射から「整理しなさいよ〜」と言われたようです。子供がおもちゃを片付けなさいよ〜と言われるような感覚。笑
きっとの散らかったおもちゃのような能力たちがいつか一つの巨大でハートフルなおもちゃになるのだと思います。