周波数の時代

もはやいつ何をブログに書いたかなんて管理もしていないし、覚えてもいません。笑
この話も前に書いた気もします。

でも、身体動かしているときに書きたくなったということは、私自身が書いてもう一度落とし込むべきことだし、いつか誰かの人生の情報として役に立つのかもしれない。書きたいと思ったものは何度でも書こうと思います。


私は根っからのテレビ・バラエティっ子です。夏のせいか、トレーニングブームがきているように感じます。
数年前まではヨガかピラティスか、と言っていたのが、今や筋トレ、ファンクショナルトレーニング、名前忘れましたが、電流流すアルファベットのやつ、はたまた精神世界や哲学まで取り入れるとマインドフルネスなんたらや瞑想…それぞれに流派や代表するトレーナーがいて、種類はまさに無限大。

それだけ私たちには自分の身体をよりよくする方法があると思うと「この世は明るいことしか待ってないなー!」と思います。

さてそんな中で、どうやって運動ツールを選ぶかというお話。

一昔前はネットにいろんな比較サイトがありました。値段の比較、コスパの比較、いわゆる口コミが載ってるサイト。今もあるけど、私の感覚では少し減ったような、、(私が見ないようになってしまったのもある) "ものごとの判断基準"という部門の1つのブームが終わった感じ。

今はまさに「いいね!」が判断基準の時代。映えるやつが流行る!だいぶ収束してきた気もしますが、、もう少し続くんじゃないかなと思ってます。

じゃあ次の時代は?

私は周波数の時代だと思います。
これはもうヨガ・ピラティス・筋トレ…なんてジャンルじゃなくて、ざっくり言えば、人と場とエクササイズの相性。"そこに自分が心地よさや楽しさ、爽快さを感じられるか"じゃないかと思ってます。

昨日、IHで自分の潜在意識と繋がった時に降りてきたメッセージ。

「ピラティス以外するな」

脅迫や押し付けではなくて。職業柄、流行りの運動は一応、1回くらい体験に行きます。食事法もいろいろ調べてできるものは取り入れていたのですが、ピラティスを超えてくるものが私にはない。
要するにピラティスが私に合った周波数なんだと思います。せっかくハマってるんだから、いわゆる"経験しといた方がいいかな""取り入れた方がいいかな"という損得精神で、自分の周波数ブラすな!という潜在意識からのお達しでした。そしてそれを聞いてすごくホッとした自分がいました。ホッとしたということは、やっぱり私の周波数はピラティスでいいんだなという確固たる証拠。

もし今後の人生で私の周波数が変わって、ピラティスが楽しくなくなったら、別のトレーニングを探すかもしれない。でも10年先の自分を考えたときにやっぱりピラティスしてるなという感覚がハッキリとあります。

その日の体調や身体でエクササイズは選びます。これも周波数を合わせてる作業だと思う。

同じピラティスでも私と周波数が合う人もいるし、そうじゃない人もいます。だからこのブログ読んだり、ホームページを見て、好感が持てた人は同じ周波数なのかもしれません。意味わからんかった方は、他のどこかに運命の赤い糸があるのか、どこか別の道を経由して、またいつか出会える人たちかもしれません。

これまでの時代だって、うっかり周波数が合った人はたくさんいて、トレーニングきっかけで、思いっきし人生跳ねるような経験している方はたくさんいます。それが当たり前に起こる時代がくると思う。

先行き明るいこの世で、運動のツール選びで不幸になるなんてもったいない!笑
周波数を感じて、何を選ぶのかを決めるのは自分自身。もちろんこのブログは私の感じた周波数なので、他方面の業界の皆さま悪しからず。