答えがあって問題がある

先日、聞いていた心屋さんのポッドキャストで、
「学校の先生は"これ大事だから覚えておいてほしい"というところを穴埋め問題にする」と言う話しをしていた。

教育のシステムとして、
答えありきの問題。

確かにー!だから答えをきちんと理解して覚えたら問題はなくなる。(次の学習過程に移る)


これ人生も同じだそうです。
今ある問題は答えありきで作られたもの。

じゃあ私たちの心と身体が重要で、覚えて欲しくて、わざわざ問題にした答えは何だろう?

そんなことを漠然と考えていた。

私が長年解けずにいる問題。
それはズバリお金と仲良くすること。
ほかの問題は自分でも回答しきった感じがあるけれど、お金はまだ出題が続いている。まだ真の答えは出ていないようです。

ポッドキャストを聞いて数日、
IHの力もかりて、これなんじゃない?って答えが出てきました。頼むからそろそろファイナルアンサーであってくれ!笑

そんな風に過ごしていた数日後、ユニコーンのオラクルカードから「プラクティス」が出てきました。なるほど。理論はあってる!後は実技が必要のようです。

なんだか自動車の教習所のようになってきました。

お金と仲良くなる免許(AT限定)
教習の日々は続きます。笑笑