祖母の死と流産が教えてくれたこと4

その1

その2

その3

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆

 

自然流産は悶絶するほど痛い。子宮って小さいはずなのに、中でちっちゃいおっちゃんがあちこちにタイキックをかましてるんじゃないかってくらい痛い。股関節やお尻も突っ張ってスッキリしない。夜中に呻きたおして、何度も旦那にお腹と腰をさすってもらった。

 

2ヶ月ぶりの子宮のメンテナンスだし、10ヶ月くっついてる予定だった胎盤を急に剥がすことになったのだから仕方ない。

 

子宮筋腫や子宮内膜症の人って毎回これくらいの生理痛を経験してるんだろうか。陣痛はもっと痛いのかな?

3日間ベッドで転がりながらそんなことを考えていた。

 

でもそこまでお腹が痛いのに、家にいる時はコウノドリのドラマを見ていた。

 

やっぱり私は子宮のことが好きだし、今回のことで女性の身体についてもっと学びたいと思った。出産も赤ちゃんも変わらず大好きで、それまでは仕事が出来る範囲の人数で...なんて思っていたけれど、今回のことでやっぱり3人は産みたい!と意志が強くなった。