ごあいさつ

 

 

 

 

 

 

代表 Yukina

BASI Pilates  Comprehensive Instructor 

はじめまして!ユキピラティスのYukinaと申します。

クライアントの皆さんからはユキさんと、インストラクター仲間からはユッキーナと呼ばれております。どうぞ気さくにお話下さい。

 

私の趣味は大好きな岡本の街を歩くこと♪

落ち着くカフェを見つけては本を読んだり、自分のこころと向き合う時間を作っています。

 

 

 <私とピラティスとの出会い>

 

私がピラティスを知ったのは2008年、当時フィギュアスケートで痛めた腰のリハビリが目的でした。しかし、当時はランニングやウェイトトレーニングは主流の時代。近所にピラティスをできる環境はなく、インストラクターもいませんでした。

そのまま現役を引退し、会社員として働きだした後も腰痛は続きました。2時間の映画や長時間の新幹線移動もままならない。座りっぱなしのデスクワークに運動不足を感じた時に、ふとピラティスの存在を思い出し、梅田にできたばかりのピラティススタジオに足を運びました。

 

4歳から18年もフィギュアスケートをしていた私ですが、ピラティスを初めてした時はわけがわからず、、

呼吸に合わせて身体を動かすだけで必死で「これが何に効いているのか」考える余裕もありませんでした。それでも5回、10回とレッスンを重ねていくうちに腰痛はなくなり、今まで知らなかったたくさんの筋肉の存在や身体が動く仕組みを学びました。

 

「スケートで何年練習してもできなかったあの動きって、この筋肉を意識したらできたんじゃない!?」

 

外見ばかり追っていて、カラダの内面に目を向けていなかった自分にやっと気づくことができました。

そこからというものレッスン以外の日常生活の動作にも興味津々!

それまで気に入らなかった自分の身体に興味を持ち、観察することで自分の身体が少しずつ好きになりました。

 

痛みがなくなり、自分の身体を知り、自分自身を好きになっていく、、

1つ1つは小さな気づきですが、私の人生をポジティブに転換してくれた大きな機会でした。

 

もう何年も経ちますが、ピラティスの学びを深める度にその可能性の大きさと身体の深い力強さに毎回驚かされます。

 

ピラティスさんが生きていたら「ねぇこれ一体どこまでわかってて創ったの!?」と聞きたいくらい!

 

私がピラティスでたくさん体験した身体の歓びをレッスンでお伝えしていきたいと思います。

 

Yukina